2012年06月26日

はじめての韓国<後編>

韓国で食べたかったものの中にあったのが韓定食。
いろんなお料理が少しずつ出てくるコース的なカンジ。

まずは前菜。

DSCN0634.jpg

キムチはやっぱりかかせませんよね。
大皿の葉っぱは・・・何でしょうねぇ・・・
どこぞの野草?って思えるような
体によさげな香りたっぷりで
かかってるソースも甘い不思議なお味・・・

DSCN0638.jpg

お肉は紅茶豚のようなさっぱりした味わいでしたよ。

全部で7種類くらい出ましたかねぇ。
もちろん完食いたしました♪

それでも夜になるとお腹は減るんですよね。

この日の夜ご飯は東出門の

陳玉華ハルメ元祖タッカンマリさんで。

ドーンとタライのようなお鍋に
鶏一羽がはいってきます。

DSCN0650.jpg

そのまま点火!

ここで韓国のカップルとかは
ハサミを持って自らパシン!プチン!と
鶏をさばくわけですよ。
それは男の子の時もあり、女の子の時もあり。。。
フツーにさばけるんだーって感心しました。

私たちはお店の方にさばいていただきました。

DSCN0652.jpg

これをタレにつけていただきます。

おしょうゆ+酢+コチュジャン+からし
この4種を自分流でミックスして
食べるんだけど、美味しいのなんのって!

日本で出てくるコチュジャンってあんまり辛くないと
思っているんですが、本場は違いました。
やっぱり辛い!
そのコチュジャンを韓国の方は
てんこ盛りに入れてたーっぷりつけて食べてましたよ。

真似しようとも思わないくらい山盛りにつけて
チャミスルをグビっ!
「っく〜!」ってのは万国共通のようです。

このお鍋、鶏からダシがたっぷり出てるんですね。
鶏のクサミとか苦手なんですがそれも無し!
最後はうどんで〆ました。

最終日、ちょっとだけ観光で言ったのは景福宮。

DSCN0687.jpg

入口すぐのところでは交代儀式が毎時行われているんですよ。

DSCN0669.jpg

門の外ではほら・・・

DSCN0705.jpg

ちゃんと門を守ってるんです。

昔が垣間見えるよう。

しかし、この景福宮。
日本の植民地時代に日本軍によって取り壊されたらしく
この建物も1990年から本格的に復元したようです。
時代の犠牲となったんですねぇ。

そして韓国で最後に食べたものは

DSCN0716.jpg

ワッフル

まわりがパリっとした軽い食感。
上には生クリームとアイスクリームがたっぷり♪
コーヒーとセットで10000ウォン。
日本円に換算すると700円くらいかな?

海外旅行でこんなに毎回美味しい思いをした事は初めてで
何度もなんどもシアワセを実感♪

明洞なんて心斎橋と同じようだけど
お食事では異文化を感じて。
でも他のアジア諸国に共通する町の風景は
やはり大陸的で遠く感じる。

近くてもやっぱり海外なんですよね。
これからの韓国ドラマ、見方も少しかわってくるかな?













ニックネーム ミキ&サミー at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする